請求の流れ

これからB型肝炎の給付金を受け取るためには国を訴訟しなければいけません。訴訟といっても実際には簡単な内容となっています。法律に照らし合わせて要件を満たしているかどうかを裁判所が判断して、認定されれば給付金を受け取れるという流れとなっています。個別に国と和解をしてお金を受け取るという流れなのです。

注射ただし、訴訟の際には自分が要件を満たしていることを証明しなければいけません。そのために証拠書類を提出することになります。書類の中には、たとえば自分が過去に集団予防接種を受けて、それによってB型肝炎に感染したことを示すものがあります。また、検査を受けて現在のB型肝炎の病態について示すためのものもあるでしょう。このような証拠集めに時間がかかってしまうこともあります。

訴訟をする際には訴状を作成して、証拠書類とともに裁判所に提出します。その際には印紙と切手も必要となります。提訴されたあとは、裁判所で和解のための手続きをすることになります。そして、和解調書が作成されます。こちらを社会保険診療報酬支払基金に提出することによって、給付金を実際に受け取ることができるのです。

ここまでの流れは個人でやることもできるのですが、多くの方は弁護士に任せます。最後に必要な資料について説明します。

≪参照HP≫B型肝炎給付金

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket