必要な資料

それではB型肝炎の給付金を請求する際に具体的に必要となる書類を紹介しましょう。まず検査結果が必要となります。自分がB型肝炎にかかっていることを証明するためのものです。これは持続感染していることを示さなければいけません。

母子手帳また、集団予防接種を受けていることを証明するための書類も必要となります。こちらは母子健康手帳があればそれで大丈夫です。それがないならば、市町村が保存している場合は予防接種台帳の写しを提出しましょう。それもないならば、接種痕があるという医師の意見書や住民票の附票、予防接種台帳に記載がないことの証明書などを用意します。予防接種以外の原因で感染したのではないということも証明しなければいけません。たとえば母子感染ではないことを証明するための書類です。また、医療記録も参考になるでしょう。もし死亡している場合には、その死因がB型肝炎であったことを証明する診断書も必要です。

このように多種多様な書類を用意しなければいけないのです。自己申告で認定を受けられるわけではないため注意しましょう。必要書類がよく分からないという方は多いでしょう。弁護士に任せておけば、しっかりと必要な書類を揃えてくれるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket